打印本文 打印本文 关闭窗口 关闭窗口

シリアに27日停戦呼びかけ 米ロ共同声明、IS掃討は継続

作者:佚名 文章来源:nikkei.com 点击数 更新时间:2016-2-23 8:47:46 文章录入:贯通日本语 责任编辑:贯通日本语

米国のオバマ大統領との電話協議の後、声明を出すロシアのプーチン大統領(22日、モスクワ)=AP


【ワシントン=川合智之】米国、ロシア両政府は22日、シリアのアサド政権と反体制派に対し、27日午前0時(日本時間午前7時)での停戦を呼びかける共同声明を発表した。オバマ米大統領は同日、ロシアのプーチン大統領と電話で協議し、今回の合意を歓迎するとともに、すべての当事者が停戦を履行することが重要だと強調した。ホワイトハウスが発表した。


戦闘を続ける当事者に対し、26日正午(日本時間同午後7時)までに停戦受け入れを表明するよう求めた。停戦対象には過激派組織「イスラム国」(IS)や国際テロ組織アルカイダ系の「ヌスラ戦線」は含まない。


一方で共同声明は、米が主導するIS掃討の有志国連合、ロシア軍、シリア政府軍は、ISなどテロ組織への軍事作戦を続けると明記した。米ロはホットラインを設け、停戦実現に向けて対話を継続する。





打印本文 打印本文 关闭窗口 关闭窗口