打印本文 打印本文 关闭窗口 关闭窗口

元キャンプ添乗員「わいせつ目的で入社」 児童ポルノ

作者:佚名 文章来源:asahi.com 点击数 更新时间:2017-2-10 8:44:27 文章录入:贯通日本语 责任编辑:贯通日本语

写真・図版


逮捕・起訴された6人の関係


男児にわいせつな行為をし、様子を撮影したなどとして、子ども向けキャンプ旅行の元添乗員や小学校教諭ら男6人が、強制わいせつや児童買春・児童ポルノ禁止法違反(提供目的製造)などの疑いで逮捕、起訴された。神奈川県警が9日発表した。


児童ポルノ、168人被害か 教諭ら6人、容疑で逮捕


元添乗員のグループと教諭のグループがそれぞれ男児の写真や動画を撮り、交換していた。元添乗員は「わいせつ行為を撮影する目的で旅行会社に入った」と供述、小学校教諭は「男児に興味があった」と話しているという。


6人の所持品などから男児のわいせつな写真や動画が約10万点見つかり、少なくとも計168人分の被害が確認された。これまでに4~13歳の男児21人分について立件した。元添乗員のグループには、発覚を避けるため、交換した写真などはネットに流さない、直接会って交換するなどの決まりもあったという。


少年捜査課によると、大阪府東大阪市の開発(かいほつ)哲也被告(35)は、添乗員として子どものキャンプに同行。看護師の資格を悪用し、傷や虫刺されに薬を塗るふりをして服を脱がせることもあったとされる。「ボランティアをすれば画像が撮影できる」とネットで知り合った無職の鈴木龍哉被告(23)、大学4年生の鈴木航平被告(22)、当時少年だった大学2年生の男(20)を勧誘し、2014年7月ごろから就寝中の男児にわいせつな行為や撮影を繰り返していたという。開発被告が勤務していた旅行会社は、被害を心配した保護者から問い合わせがある、と話している。


東京都立川市の小学校教諭、橋…






打印本文 打印本文 关闭窗口 关闭窗口