打印本文 打印本文 关闭窗口 关闭窗口

5番中田、初安打は勝ち越し弾 「どんどん暴れる」

作者:佚名 文章来源:asahi.com 点击数 更新时间:2017-3-9 11:15:03 文章录入:贯通日本语 责任编辑:贯通日本语

写真・図版


七回表日本無死、中田は左越えに勝ち越しの本塁打を放つ=諫山卓弥撮影


写真・図版


写真・図版


写真・図版


(8日、WBC1次リーグB組 日本4―1豪州)


バットのやや先でたたき、打球を左翼席の最前列まで届かせた。均衡を破り、試合を動かしたのは5番の中田だ。今大会8打席目。先発野手9人で最も遅い初安打がここで出た。


【写真特集】侍J、オーストラリア破る


【写真特集】侍J、初戦キューバを撃破


侍J×WBC激闘の軌跡


「先に2点目を取ってやろうと。先っぽだったけど、力で持っていった」。同点の七回、マウンドには代わったばかりの3番手・ウィリアムズ。初対戦の投手が多い国際大会では、打者はどうしても球を見がちだ。ここは初球から強振すると決めていた。甘いスライダーを逃さなかった。


エース菅野で必勝を期した第2戦は、打線が中盤まで苦しんだ。豪州は2004年のアテネ五輪でも敗れた因縁の相手。嫌な雰囲気を一振りで吹き飛ばした。


小久保監督の就任から3年余り。中田に目をかけ、かかさず代表に招集してきた。左手首に古傷を持つ中田は、毎年シーズン終盤になると痛みに悩まされる。それでも招集に応じてきた。「日本の野球界を引っ張る」という思いに共感したからだ。監督は中田の派手な髪形などは問題にせず「代表の試合前でも、いつも通り飲みに行けよ」と、声をかけたことも。そのかわり、グラウンドに立てば若い世代の手本になる。それが2人の約束だった。


不動の5番を任される男は「ここからどんどん暴れたい」。開幕2連勝で、1次リーグ突破は確実だ。投手は最少失点でしのぎ、打線は中軸が仕事をする。チームが形になってきた。(伊藤雅哉)



○小久保監督 「投手力で勝った。今日みたいな継投で勝っていかないと勝ち上がっていけない。中田はヒットが出ていなかったけど、練習で状態が良かったので、そろそろかなと思っていた。大きな1本」






打印本文 打印本文 关闭窗口 关闭窗口