打印本文 打印本文 关闭窗口 关闭窗口

財務省調査結果「佐川氏?本当にそうなのか」籠池氏語る

作者:佚名 文章来源:asahi.com 点击数 更新时间:2018-6-7 8:29:08 文章录入:贯通日本语 责任编辑:贯通日本语

写真・図版


報道陣の質問に答える籠池泰典被告=2018年6月6日午後7時30分、大阪市北区、小林一茂撮影


写真・図版


写真・図版


学校法人森友学園(大阪市)の前理事長、籠池泰典被告(65)=詐欺罪などで起訴=が6日夜、大阪市内で朝日新聞などのインタビューに応じた。財務省による交渉記録の意図的な廃棄や決裁文書の改ざんの理由について「やましいことがあったからでしょう」と述べたうえで、安倍晋三首相やその周辺に「忖度(そんたく)せざるを得なかったということでしょう」との見方を示した。


「鉄壁」財務省に負の側面 世間とズレ、繰り返す不祥事


実務担うノンキャリ、「最強官庁」支えたが…文書改ざん


権力からの「嫌われ者」貫けず 財務省の失われた20年


安倍首相は昨年2月、国会で「私や妻が関係していたということになれば、首相も国会議員も辞める」と答弁した。学園との国有地取引に関する交渉記録や決裁文書には首相の妻昭恵氏や政治家の名前が記されており、財務省はこの答弁以降、記録の廃棄や決裁文書の改ざんを進めた。


今月4日に発表された財務省の調査結果では、改ざんや廃棄は国会審議の紛糾を回避することなどが目的で、佐川宣寿・前財務省理財局長が「方向性を決定づけた」とされた。これに対し、籠池前理事長は「本当にそうなのか。佐川氏の指示の前に政府から指示が出ないと、行政マンはそんなことしないでしょう」と疑問視した。


財務省は5月23日、森友学園との国有地取引に関する交渉記録を提出した。これについて、籠池前理事長は「初めからどんどん出さなきゃいけなかった。どうして隠していたのか」と述べた。昨年7月末の逮捕以降、約10カ月にわたって大阪拘置所に勾留され、5月25日に保釈されていたことを踏まえ、「新聞を読んで、状況が変わっていないことにびっくりした。え、まだこんなことやっているのかという感じ」と話した。


改ざん前の財務省の決裁文書によると、国有地の借地契約を前にした2014年4月28日に籠池前理事長が近畿財務局職員と面会。安倍晋三首相の妻昭恵氏を国有地に案内した際、昭恵氏から「いい土地ですから、前に進めてください」と言われた、と記されていた。籠池夫妻と昭恵氏が一緒に写った写真を提示したことにも触れている。


籠池前理事長は、これを契機に交渉が前に進み始めたとの認識を改めて示し、「神風が吹いた。(写真を見せたことで)氷がガラスの面を滑っていくような感じ」になったと話した。






打印本文 打印本文 关闭窗口 关闭窗口