打印本文 打印本文 关闭窗口 关闭窗口

<企画>中国の大学受験は社会全体を巻き込むセレモニー

作者:佚名 文章来源:人民网 点击数 更新时间:2020-7-9 8:30:06 文章录入:贯通日本语 责任编辑:贯通日本语

7月7日、全国大学統一入学試験(通称「高考」)の1日目を迎え、受験生約1071万人が試験会場に向かった。今年の高考は、新型コロナウイル感染拡大が発生して以降、中国で開かれる初の最大規模の組織的集団活動となっている。


そのような特殊な状況下であるため、受験生を応援しようと、社会全体が関心を寄せ、できる限りのバックアップをしている。例えば、家族や友人が受験生を試験会場まで送り、熱いエールを送ったり、親切な人やボランティアらが、関心を示したり、細やかなサービスを提供したりしている。どれも心温まるシーンで、受験生にとっては大きな励みとなっている。こうしたまるでセレモニーのような中国における大学受験は、普段は静かな生活を送っている全ての受験生と保護者にスポットライトを当て、光り輝かせている。


縁起を担いだ服で受験生を送り出す保護者達



中国人民大学附属中学(中高一貫校)の試験会場入り口前には、試験開始前と終了後、多くの保護者や学生、教師らが、縁起を担いだ赤いTシャツやチャイナドレスを着て集まり、受験生に熱いエールを送っていた。



娘を試験会場まで送ったというある保護者は、父親はダークホースを意味する黒い馬の絵と「2020 Good luck」という文字がプリントされた赤いTシャツを、母親も合格祈願という縁起を担いだチャイナドレスを着ていた。父親は、「娘が今年大学受験ということで、親として、娘の勝利と成功を祈り、その気持ちをこの服に込めた」と説明した。詳しくはこちらへ


「985プロジェクト」対象校合格願い、受験生らがバス「985」系統でゲン担ぎ 河南省鄭州



7月7日、河南省鄭州市の路線バス985号線は、中国大学統一入学試験(通称「高考」)の試験会場前に駆け付け、保護者や受験生の臨時の休憩場所として使われた。高考期間中、バス集団は、受験生と保護者を応援するべく、路線バス985号線の車両を試験会場前に手配し、車内の快適な環境を整えるほか、ミネラルウォーターや雨傘、清凉油(メンソレータムのような軟膏)、人丹(胃腸薬)などの暑さ対策グッズやペンなどの試験必需品なども準備している。重要な試験ということもあり、誰もがゲンを担ぎたいと思うもので、中国教育部(省)が重点的に投資する「985プロジェクト」の対象校に合格してほしいという願いを込めて、受験生や保護者は、「985」系統の路線バスに乗ることでそのゲンを担ごうとしている。詳しくはこちらへ


ドラえもんの「アンキパン」をリアルに再現し、受験生にエール!



ドラえもんのひみつ道具の1つ、「アンキパン」を覚えているだろうか?ノートや本のページにこれを押し付けるとそのページが写され、それを食べると写された内容を確実に暗記できるというもの。のび太はこれを食べて教科書の内容を暗記した。中国大学統一入学試験(通称「高考」)初日の朝早く、深セン市竜城高級中学(中高一貫校)高等部3年14組の生徒たちは、この「アンキパン」という不思議な力を持つプレゼントを手にした。これはクラスの担任である陳偉鋒先生が徹夜して準備した「合格祈願グッズ」で、食パンの上にチョコクリームで物理の公式や受験必出のポイントなどが記されていた。詳しくはこちらへ


湖南省長沙の高校で受験生激励会 高校3年生に盛大なエールを!




湖南省長沙市の同昇湖実験学校では6日、高校3年を受け持つ教師たちが受験生たちに縁起を担いだ赤い祝儀袋やちまき、赤いリボンなどを配り、受験生たちの合格を祈願した。受験会場に向かう生徒1362人を送り出すために、同校の生徒や保護者達も自主的に学校に集まり、横断幕や花を手にエールをおくる人々の列は1キロ以上にも達した。同校が全校を挙げて行うこの受験生激励会は、すでに20年前から毎年行われているのだという。詳しくはこちらへ


受験生の合格祈願し真っ赤なチャイナドレスで激励する男性教員



7月5日、遼寧省丹東市で、高3クラスを受け持つ男性教員は、なんと生徒たちの合格祈願のため、真っ赤なチャイナドレス姿で登場。この男性教員は、黒板に生徒たちの合格祈願を祈願して「旗開得勝」という文字を書いた。


そして書き終えると、今度はハサミを取り出し、「チャイナドレスの切込みが高ければ高いほど、テストの得点も高くなる」と言われていることから、生徒たちにチャイナドレスのスリットを切らせて縁起を担いだ。詳しくはこちらへ


2020全国大学統一入試スタート 受験生1千万人が試験会場へ



7月7日、2020年全国大学統一入学試験(通称「高考」)の幕が開いた。同日午前、北京の中国人民大学附属中学や陳経綸中学(いずれも中高一貫校)などの試験会場では、マスク姿の受験生が続々と中に入っていった。試験会場入り口へと向かう通路の片側には、我が子を激励する保護者や、縁起が良いとされる赤い色の紐を受験生の腕に結ぶ担任教師の姿があった。詳しくはこちらへ


北京のペットショップが受験生対象に無料で柴犬と触れ合えるサービス



高考開始前、北京市望京のあるペットショップは、高考の受験生を対象に、無料で柴犬と触れ合うことのできるサービスを宣伝する張り紙を貼りだした。オープンしたばかりのこのペットショップは、柴犬用品専門店で、2階には柴犬と直接触れ合うことのできる柴犬体験館が設置されている。詳しくはこちらへ


「人民網日本語版」2020年7月8日





打印本文 打印本文 关闭窗口 关闭窗口