您现在的位置: 贯通日本 >> 资讯 >> 芸能 >> 正文

攻殻機動隊:押井監督劇場アニメ デジタル版で“進化”

作者:未知  来源:每日新闻   更新:2008-6-9 17:14:15  点击:  切换到繁體中文

1995年に製作された押井守監督(56)のアニメ映画「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」が、全編デジタル処理を施した「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊2・0」として7月12日に劇場公開されることになった。

 当初はリメークする考えはなかったが、最新作「スカイ・クロラ」(8月2日公開)製作中に「最新デジタル技術を使ったらどうなるか試してみたくなった」と転換。683カットすべてをデジタルスキャンし、色調や背景を修正。デジタル処理された映像は、ネットと人間の融合という作品のテーマにマッチした。

 音響は、ジョージ・ルーカス氏(64)の映画製作会社「ルーカス・フィルム」の音響部門「スカイウォーカー・サウンド」が全面協力。最新の6・1サラウンドで仕上げた。押井監督は「劇場で前作との違いを体感していただきたい」と自信の表情。タイトルに追加した「2・0」には「リメークというよりバージョンアップという意味を込めた」という。ルーカス・フィルムのほか、ディズニー、ピクサーなどのアニメ製作会社での試写も決定。ハリウッドからの注目も集まっている。(スポニチ)

 


 

新闻录入:贯通日本语    责任编辑:贯通日本语 

  • 上一篇新闻:

  • 下一篇新闻:
  •  
     

    相关文章

    没有相关新闻

     
    网友评论:(只显示最新10条。评论内容只代表网友观点,与本站立场无关!)
     

    注册高达赢取大奖!

    09年2月《贯通日本语》杂志

    日本不伦恋女星被曝向正宫跪地

    日本票房:《动物城》反超《柯

    香川照之、山田洋次…这些名人

    日本评吉祥物大奖:超萌“岛猫

    广告

    广告