您现在的位置: 贯通日本 >> 资讯 >> 芸能 >> 正文

東山紀之:「山桜」で主演 藤沢周平原作、正義感あふれる武士役で

作者:佚名  来源:每日新闻   更新:2008-6-13 13:03:02  点击:  切换到繁體中文

藤沢周平原作の映画「山桜」(篠原哲雄監督)が全国公開されている。藤沢小説ではおなじみの海坂藩を舞台に、つらい再婚生活を送る磯村野江と、彼女にひそかに思いを寄せている手塚弥一郎を軸にした物語。時代劇映画は初主演の東山紀之が手塚を演じた。【岸桂子】

 ◇セリフ少ない分、心の中で“表現” 映画の面白さ再認識
 弥一郎は正義感あふれる武士だ。飢饉(ききん)続きで窮乏する農民の姿に心を痛め、私腹を肥やす藩の重臣を許すまいと、城中で刃傷沙汰(にんじょうざた)におよぶ。

 冒頭、野江(田中麗奈)と山桜の下で言葉を交わす場面以外、ほとんどセリフがない。心の揺れも固い決意も、表情と態度で表さなければならなかった。「セリフの少なさは、試写会で人から指摘されるまで意識していませんでした。心の中でいろいろ考え、しゃべっていたのかも」と振り返る。

 「最初のシーンは、桜の力を借りて勇気を出し、野江に声をかける、という感じでした。でも、野江に対するときめきを抑えなければいけません。あとは、常に自己犠牲を考えていたと思うんです。獄中でも野江を思っているから、あんなに正々堂々としていられる」

 殺陣も見せ場の一つ。ダンスを得意とするアイドルだが、ちょんまげ姿が本当によく似合う。

 「(以前にテレビで演じた)浅野内匠頭もそうでしたが、人を殺すには、正義感以上の覚悟と狂気がいると感じます。ですから、殺陣の『型』にはまらない方がいいのでは、と僕の意見も言いました」

 何でもセリフで説明してしまう邦画が目立つ中、異色ともいえる仕上がり。「ものすごく透明感のある物語。僕自身、この役にほれこみ、映画の面白さを再認識しました」と手応えをつかんだ様子だ。

 


 

新闻录入:贯通日本语    责任编辑:贯通日本语 

  • 上一篇新闻:

  • 下一篇新闻:
  •  
     
     
    网友评论:(只显示最新10条。评论内容只代表网友观点,与本站立场无关!)
     

    注册高达赢取大奖!

    09年2月《贯通日本语》杂志

    日本不伦恋女星被曝向正宫跪地

    日本票房:《动物城》反超《柯

    香川照之、山田洋次…这些名人

    日本评吉祥物大奖:超萌“岛猫

    广告

    广告