您现在的位置: 贯通日本 >> 资讯 >> ビジネス >> 正文

「1日単位の規制、業務に問題」長時間労働で経団連会長

作者:佚名  来源:asahi.com   更新:2017-1-1 8:52:05  点击:  切换到繁體中文

写真・図版


インタビューに答える経団連の榊原定征会長=東京・大手町


写真・図版


経団連の榊原定征会長は2016年末の朝日新聞などのインタビューで、政府が検討する長時間労働の見直しについて、「産業界の実態に合わせ慎重な対応が必要」と語った。退社から翌日の出社まで一定の休息時間を確保する「インターバル規制」の導入などを牽制(けんせい)した。


電通社員の過労自殺問題では、月100時間を超す時間外労働が批判された。政府は、榊原氏も加わる「働き方改革実現会議」で長時間労働の是正を進め、自民党はインターバル規制の導入などを検討する。


榊原氏は「1日単位で規制をかけると業務の継続性に問題が出てくる。研究開発やクレーム処理などの仕事は、集中して作業をした方が効率が上がる。仮に義務化されれば、産業活動を阻害する」と語った。


また、「仕事によって異なる繁…




 

新闻录入:贯通日本语    责任编辑:贯通日本语 

  • 上一篇新闻:

  • 下一篇新闻:
  •  
     
     
    网友评论:(只显示最新10条。评论内容只代表网友观点,与本站立场无关!)
     

    注册高达赢取大奖!

    09年2月《贯通日本语》杂志

    亚洲生活质量最高的10大城市 日

    中国大使馆为何专门向一个日本

    王将饺子计划明年4月上旬在台湾

    日本天团SMAP谢幕 这是最后一次

    广告

    广告