您现在的位置: 贯通日本 >> 资讯 >> 娱乐(日语) >> 正文

漱石国際エッセー、入賞者決まる 最優秀はチャベスさん

作者:佚名  来源:asahi.com   更新:2016-10-26 10:28:31  点击:  切换到繁體中文

写真・図版


ステファニー・エリカ・チャベスさん


夏目漱石の没後100年を機に、日本語を母語としない人から「漱石とわたし」をテーマに日本語エッセーを募集した「漱石国際エッセーコンテスト」(朝日新聞社、岩波書店、国際交流基金、フェリス女学院大学主催)の入賞者が決まった。72点の応募から、松山市在住の高校の英語指導助手、ステファニー・エリカ・チャベスさん(27)=カナダ出身=が最優秀賞に選ばれた。


最優秀賞のチャベスさんのエッセー全文


全入賞作のエッセー全文はこちら


ステファニー・エリカ・チャベスさん「漱石とわたし」


チェルシー・バーナードさん「吾輩はストレイ・シープである」


何しょうさん「父と坊っちゃん」


優秀賞は米ニューヨーク在住の翻訳・通訳業、チェルシー・バーナードさん(24)と北京在住の大学院生、何婕(かしょう)さん(24)の2人。


最優秀賞、優秀賞の3人と佳作上位の2人は、12月10日に東京の有楽町朝日ホールである「夏目漱石国際シンポジウム」のプログラムの一つとして開かれる授賞式に、国際交流基金が招待する。(30日付で、最優秀作の要旨や選評を掲載します)




 

新闻录入:贯通日本语    责任编辑:贯通日本语 

  • 上一篇新闻:

  • 下一篇新闻:
  •  
     
     
    网友评论:(只显示最新10条。评论内容只代表网友观点,与本站立场无关!)
     

    注册高达赢取大奖!

    09年2月《贯通日本语》杂志

    第29届东京国际电影节开幕

    日本为何屡获诺贝尔奖?首先考

    改编自日本电影 《幸运钥匙》蝉

    Apple Pay在日本正式启用 iPho

    广告

    广告