您现在的位置: 贯通日本 >> 资讯 >> ビジネス >> 正文

英政府、大企業の引き留めに躍起 EU離脱決定から半年

作者:佚名  来源:asahi.com   更新:2016-12-25 10:05:45  点击:  切换到繁體中文

写真・図版


ロンドンにあるオフィスの共用スペースで、同僚と話し合う金融会社「ブリックベスト」の共同最高経営責任者のトーマス・シュナイダーさん(右)


写真・図版


写真・図版


写真・図版


英国が欧州連合(EU)離脱を決めた国民投票から23日で半年となった。来春以降にEUと離脱交渉を始める英政府は、国内に拠点を置く大企業の引き留めに躍起だが、経営スピードを重視する新興企業の間では離脱を見越し、拠点をほかのEU加盟国に移す動きが出始めている。


不動産への投資商品を富裕層向けに販売するロンドンの金融会社「ブリックベスト」は8月、ベルリンにオフィスを新設した。今はベルリンを主力拠点とし、従業員の3分の2が働く。EU離脱によって英国以外のEU加盟国で販売ができなくなるおそれがあるためだ。


EUの一つの加盟国で許可を取れば域内で自由に営業できる「シングルパスポート」制度がある。ブリックも英金融当局から取得した許可で、インターネットで独仏などの顧客に販売している。だが、離脱交渉次第では、英国以外のEU加盟国で許可を取り直す必要が出てくる。共同で最高経営責任者(CEO)を務めるドイツ出身のトーマス・シュナイダーさん(38)は「英国の金融当局は起業家に寛容で事業をやりやすかったが、今後の不透明さを考えると早め早めの対応をとった方がよい」と話す。


ロンドンのウェブサイトデザイ…




 

新闻录入:贯通日本语    责任编辑:贯通日本语 

  • 上一篇新闻:

  • 下一篇新闻:
  •  
     
     
    网友评论:(只显示最新10条。评论内容只代表网友观点,与本站立场无关!)
     

    注册高达赢取大奖!

    09年2月《贯通日本语》杂志

    李嘉欣滞留日本机场3天 发博质

    新垣结衣《逃跑可耻但有用》完

    日本漫画电影票房频过亿,但动

    飞鸟凉涉毒将不被起诉 检方称无

    广告

    广告