您现在的位置: 贯通日本 >> 资讯 >> スポーツ >> 正文

桐生と山県、9秒台届かず オーストラリア陸上競技会

作者:佚名  来源:asahi.com   更新:2017-3-12 9:02:26  点击:  切换到繁體中文

 

写真・図版


豪州の大会に参加した桐生=ロイター


写真・図版


写真・図版


写真・図版


写真・図版


写真・図版


写真・図版


オーストラリアのキャンベラで11日、陸上競技会「サマー・オブ・アスズ・グランプリ」があり、男子100メートルに桐生祥秀(東洋大)と山県亮太(セイコー)が出場した。ともに今季初戦で、2本のレースを走った。1本目はともに自己ベストに迫るタイムを出し、日本人初の9秒台の期待が高まったが、2本目は向かい風と条件も厳しく、記録は伸びなかった。


山県は1本目が10秒06(追い風1・3メートル)。自己ベストに0秒03に迫る好タイムで「修正点が出たので、冷静に、次につなげたい」と話していた。2本目も条件は悪いながら、10秒08(向かい風0・1メートル)にまとめた。


桐生は1本目は中盤から伸びのある走りを見せて、10秒04(追い風1・4メートル)。10秒01の自己記録更新に向けて「合宿でオーストラリアにきていて、練習の延長線上ということ。試合の感覚を取り戻したかった。いろいろ試したいことができた。次のためにつなげたい」と振り返っていたが、山県と並んで走った2本目は10秒19だった。(キャンベラ=郷富佐子)




 

新闻录入:贯通日本语    责任编辑:贯通日本语 

  • 上一篇新闻:

  • 下一篇新闻:
  •  
     
     
    网友评论:(只显示最新10条。评论内容只代表网友观点,与本站立场无关!)
     

    注册高达赢取大奖!

    09年2月《贯通日本语》杂志

    瑛太将主演漫改剧《侦探物语》

    中谷美纪为《时间之旅》日本版

    《问题餐厅》聚焦女性话题 焦俊

    日本第11届声优大奖结果揭晓 演