您现在的位置: 贯通日本 >> 资讯 >> ビジネス >> 正文

20代だけで造る酒、異例の銘柄譲渡 埼玉から新潟へ

作者:佚名  来源:asahi.com   更新:2017-1-9 15:03:43  点击:  切换到繁體中文

写真・図版


宝山酒造の渡辺桂太さん(中)と若松秀徳さん(左)と農家の富山喜幸さん


写真・図版


写真・図版


写真・図版


写真・図版


20代の若者だけで造る日本酒「二才(にさい)の醸(かもし)」という銘柄が、埼玉県幸手市の酒造会社から新潟市の会社に移った。極めて珍しい銘柄の譲渡。50代で一人前とも言われる日本酒造りの世界で、若い世代の日本酒離れを食い止めようと誕生したブランドが、酒どころで「2代目」として引き継がれる。


「若い人に日本酒に興味を持ってもらい、清酒出荷量上位の埼玉をアピールしたい」。二才の醸は、石井酒造(幸手市)の石井誠社長(29)のそんな思いから生まれた。1840年から続く酒蔵の8代目蔵元を、2013年に26歳で継いだ。業界では異例の若さだった。


製造責任者である杜氏(とうじ)の和久田健吾さん(30)も当時27歳。「日本酒が苦境にある中、自分にしかできないことは何だろう」。翌年思いついたのが、20代だけで酒を造るという挑戦だった。


「酒造りをなめるな」。経験に裏打ちされた勘がものを言う職人の世界。周囲からは異論も聞こえた。だが「酒造りに経験は欠かせない。でも最も重要なのは酒にかける『想(おも)い』だと思う」と石井さん。「青二才」から「青」を取り去って、若者ではあるが、堂々と酒を造るという意味を銘柄に込めた。


最初の14年度は甘口で切れの…




 

新闻录入:贯通日本语    责任编辑:贯通日本语 

  • 上一篇新闻:

  • 下一篇新闻: 没有了
  •  
     
     
    网友评论:(只显示最新10条。评论内容只代表网友观点,与本站立场无关!)
     

    注册高达赢取大奖!

    09年2月《贯通日本语》杂志

    日本歌手安室奈美惠被曝与已婚

    Piko太郎新歌创作完成  日本网

    日本女星偷拔男人脚趾毛:喜欢

    香港引入蝴蝶兰 日本皇室及六星

    广告

    广告