您现在的位置: 贯通日本 >> 资讯 >> 社会(日语) >> 正文

ガスレンジ調整後に一酸化炭素中毒 販売会社に賠償命令

作者:佚名  来源:asahi.com   更新:2016-12-17 10:03:29  点击:  切换到繁體中文

ガスレンジの火力調整作業が原因で一酸化炭素中毒になったとして、東京都の50代女性が、家庭用品の輸入販売会社「ツナシマ商事」(同)に約1900万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が16日、東京地裁であった。松村徹裁判長は、「作業が原因の不完全燃焼で一酸化炭素中毒になった」と認め、同社に約620万円の支払いを命じた。


判決によると、女性は2006年、自宅の米国製ガスレンジの火力が弱かったために、輸入販売元の同社に調整を依頼。同社の従業員がノズル交換などで火力を強めたが、その後女性に頭痛や吐き気などの症状が出て、10年に一酸化炭素中毒と診断された。


判決は、ノズル交換で送り込まれる空気が不足し、不完全燃焼が起きたと認定。同社や従業員が、ガス機器の専門家として「万が一にも不完全燃焼を発生させない義務があったのに怠った」とした。


同社は取材に対し「判決の中身を承知しておらず、現時点ではコメントできません」としている。



 

新闻录入:贯通日本语    责任编辑:贯通日本语 

  • 上一篇新闻:

  • 下一篇新闻:
  •  
     
     
    网友评论:(只显示最新10条。评论内容只代表网友观点,与本站立场无关!)
     

    注册高达赢取大奖!

    09年2月《贯通日本语》杂志

    日本票房:《怪物弹珠剧场版》

    《你的名字。》结局圆满 日本动

    女团Lunar迭代AKB?成日本城市

    日媒公布福原爱婚纱照 “瓷娃娃

    广告

    广告