您现在的位置: 贯通日本 >> 资讯 >> 社会(日语) >> 正文

倒壊した拝殿に「希望」の文字ともる 熊本・益城の神社

作者:佚名  来源:asahi.com   更新:2017-1-1 8:52:05  点击:  切换到繁體中文

写真・図版


新年を前に木山神宮に訪れ、短冊を奉納する家族=31日午後6時40分、熊本県益城町、福岡亜純撮影


写真・図版


熊本地震で被災した熊本県益城(ましき)町の木山神宮では31日、倒壊したままの神殿の前に竹灯籠(とうろう)で「希望」の文字がともされた。被災者が訪れ、新年の願いや決意を書いた短冊を捧げた。


特集:熊本地震


木山神宮は鳥居、楼門、神殿、社務所がすべて倒壊したまま。周囲の家々も多くが全半壊し、辺りは夜になると人気がなくなる。だが、31日夜は少しずつ人が訪れた。2人の孫娘を連れて参拝に訪れた山本かつ子さん(56)は短冊に「みんな心と体を大切にしましょう」と書いた。自宅は全壊し、家族で営む和食店は損壊。無事だった物置で生活している。「普段通り過ごしているようでもどこかイライラしている。新しい年は健康でありたい」


末社も含めて町民の半数近くが氏子にあたる神社は、多くの人の心のよりどころでもある。町内のアパートで暮らす宮司の矢田吉定さん(66)の元へは、仮設住宅に住む人らから「新年のお参りはできますか」と問い合わせが相次いだ。


地元の人たちは約340本の竹や紙の灯籠を作り、「おだやかな年に」「笑顔を忘れず」などの言葉が書き込まれた。冨田信子さん(65)は、半年前から夫と2人で仮設住宅に住む。「新年は明るく前に進みたい」と話した。




 

新闻录入:贯通日本语    责任编辑:贯通日本语 

  • 上一篇新闻:

  • 下一篇新闻: 没有了
  •  
     
     
    网友评论:(只显示最新10条。评论内容只代表网友观点,与本站立场无关!)
     

    注册高达赢取大奖!

    09年2月《贯通日本语》杂志

    亚洲生活质量最高的10大城市 日

    中国大使馆为何专门向一个日本

    王将饺子计划明年4月上旬在台湾

    日本天团SMAP谢幕 这是最后一次

    广告

    广告