您现在的位置: 贯通日本 >> 资讯 >> 社会(日语) >> 正文

大麻で町おこしの男に有罪判決 譲渡や所持「無自覚に」

作者:佚名  来源:asahi.com   更新:2016-12-26 19:30:54  点击:  切换到繁體中文

町おこしを目的に産業用大麻を栽培していた鳥取県智頭(ちづ)町の「八十八(はちじゅうはち)や」代表で、大麻取締法違反(所持、譲渡)の罪に問われた上野俊彦被告(37)=同町=の判決公判が26日、広島地裁であった。河村宜信裁判官は、所持した大麻が相当量あり、幻覚成分を高濃度に含むものもあったとし、「所持の態様は悪質」と指摘。懲役2年6カ月執行猶予4年(求刑懲役2年6カ月)を言い渡した。


町おこしの産業用大麻、栽培講習の裏で 鳥取


判決によると、上野被告は今年6~9月ごろ、会社事務所で、乾燥大麻計約40グラムを従業員2人に無償で譲渡。10月には、薬効を得るために使用しようと自宅に大麻を所持した。


判決は、大麻栽培の免許を持つ会社代表としての上野被告の立場に触れ、「危害を防止する責任を負うべきながら無自覚に犯行に及び、責任は重い」とした。上野被告は10月に中国四国厚生局麻薬取締部(広島市中区)に逮捕されていた。(加治隼人)



 

新闻录入:贯通日本语    责任编辑:贯通日本语 

  • 上一篇新闻:

  • 下一篇新闻: 没有了
  •  
     
     
    网友评论:(只显示最新10条。评论内容只代表网友观点,与本站立场无关!)
     

    注册高达赢取大奖!

    09年2月《贯通日本语》杂志

    石原里美连续两年夺最美女人奖

    李嘉欣滞留日本机场3天 发博质

    新垣结衣《逃跑可耻但有用》完

    日本漫画电影票房频过亿,但动

    广告

    广告