您现在的位置: 贯通日本 >> 资讯 >> 政治(日语) >> 正文

最高裁、判決のわかりやすさ意識 判断理由の要旨も読む

作者:佚名  来源:asahi.com   更新:2017-1-2 16:49:40  点击:  切换到繁體中文

写真・図版


厚木基地騒音訴訟の判決が言い渡された最高裁第一小法廷。主文だけでなく要旨も告げられた=8日午後、東京都千代田区、恵原弘太郎撮影


最高裁が民事裁判の判決を言い渡す際、「上告を棄却する」といった主文だけではなく、判断の理由を示した要旨を法廷で読み上げる取り組みを始めた。当事者や傍聴に来た人たちへのわかりやすさを意識したものだ。


「原判決中、上告人敗訴部分を破棄し、同部分につき第一審判決を取り消す」。12月8日、厚木基地(神奈川県)の騒音をめぐる訴訟の判決で、最高裁第一小法廷の小池裕裁判長がまず、主文を告げた。


これだけでは、法律家でない限り、住民の訴えが認められたのかが分かりにくい。小池裁判長は主文に続けて「自衛隊機を飛行させることが、著しく妥当性を欠くと認めることは困難」などと理由を述べ、住民が敗訴したことが分かった。


刑事裁判では判決の際、主文と要旨を言い渡すことが刑事訴訟規則で定められている。一方、民事裁判では、判決時に当事者や代理人に出席の必要がないこともあり、要旨の言い渡しは定められていない。地裁や高裁では裁判官の判断で、注目が高い事件などで要旨を告げることがあるが、最高裁では、15人の裁判官全員で審理する大法廷を除き、主文だけを言い渡すのが慣例だった。「分かりにくく不親切だ」との指摘は以前からあったという。


このため、最高裁判事らが協議…




 

新闻录入:贯通日本语    责任编辑:贯通日本语 

  • 上一篇新闻:

  • 下一篇新闻:
  •  
     
     
    网友评论:(只显示最新10条。评论内容只代表网友观点,与本站立场无关!)
     

    注册高达赢取大奖!

    09年2月《贯通日本语》杂志

    亚洲生活质量最高的10大城市 日

    中国大使馆为何专门向一个日本

    王将饺子计划明年4月上旬在台湾

    日本天团SMAP谢幕 这是最后一次

    广告

    广告