您现在的位置: 贯通日本 >> 资讯 >> 社会(日语) >> 正文

裁判員を脅迫、元工藤会系組員らに有罪判決 福岡地裁

作者:佚名  来源:asahi.com   更新:2017-1-7 9:54:31  点击:  切换到繁體中文

指定暴力団工藤会(北九州市)系組幹部の裁判員裁判をめぐり、裁判員に声をかけて脅したとして、裁判員法違反(威迫・請託)罪に問われた男2人の判決が6日午後、福岡地裁であった。


【特集】工藤会


中田幹人裁判長は「裁判員制度の根幹を揺るがしかねない」として、会社員中村公一被告(41)に懲役1年執行猶予3年(求刑懲役1年)、元工藤会系組員の楠本利美被告(41)に懲役9カ月執行猶予3年(求刑懲役1年)をそれぞれ言い渡した。


2009年に裁判員制度が始まってから、裁判員法違反罪での有罪判決は初めて。


起訴状によると、2人は昨年5月10日、地裁小倉支部で知人の組幹部の初公判を傍聴。閉廷後、近くの路上で40代の女性裁判員2人に、中村被告は「あんたら裁判員やろ」「顔は覚えとるけね。よろしくね」、楠本被告は「もうある程度刑は決まっとるんやろ」などと声をかけ、裁判で有利な審判をするように脅したり頼んだりしたとされる。


公判で検察側は「怖くて眠れなかった。被告人質問で質問もできなかった」とする女性裁判員の供述調書を読み上げ、「裁判員に大きな不安感や恐怖心を与えた。裁判員制度の根幹を揺るがす」と指摘した。


中村被告は公判で起訴内容を認めた。楠本被告の弁護側は「裁判員も大変やね」と声をかけた程度で、威迫や請託の意図はなかったとし、無罪を訴えた。


組幹部の公判では、声かけがあった後、補充を含む裁判員計5人が辞退。地裁支部は裁判員を除外して裁判官だけで審理を再開し、実刑判決を言い渡した。(張守男、井上怜)



 

新闻录入:贯通日本语    责任编辑:贯通日本语 

  • 上一篇新闻:

  • 下一篇新闻:
  •  
     
     
    网友评论:(只显示最新10条。评论内容只代表网友观点,与本站立场无关!)
     

    注册高达赢取大奖!

    09年2月《贯通日本语》杂志

    Piko太郎新歌创作完成  日本网

    日本女星偷拔男人脚趾毛:喜欢

    香港引入蝴蝶兰 日本皇室及六星

    大岛优子回顾AKB48时代 自曝曾

    广告

    广告